需要が高い

沢山の窓

リフォームの歴史について

リフォームが日本に入ってきたのは今から50年ほど前と言われています。当時はスクラップ&ビルドの考え方が主流で、わざわざリフォームをする人も少なかったのです。それは、その住宅の造りに問題があったからです。当時の住宅は、躯体と壁が一体になっている造りの住宅ばかりでした。住宅の寿命は内装から始まると言います。つまり、住宅の内装が寿命に近づけばその外装がまだ寿命を迎えていなくても住宅を取り壊すことが多かったのです。もし、住宅の内装だけをリフォームできる造りであるとすれば、取り壊す家もそれほど多くなかったのかもしれません。

スケルトンインフェルという考え方

リフォームが広まり始めたのは、スケルトンインフェルという考え方が浸透してからです。スケルトンインフェルとは、住宅を支える躯体と壁を分離して考える設計方法です。スケルトンインフェルのにより、内装がそろそろ寿命を迎える頃だという場合にも、内装だけリフォームをして、30年以上は余裕で使うことができる躯体はそのまま使い続けるというエコな発想が可能になったのです。この時に問題となるのが、リフォームをするべきかそれとも建て替えをするべきかということです。いくら躯体と内装などの壁が別になったとしても、到底リフォームをするべきでない場合もあるからです。たとえば、住宅の躯体自体が寿命を迎えており、あるいは家のあちこちに不満な個所があり全体をいじらなければならないという場合は建て替えを選択するべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加