将来に向けて

建築中

これからのリフォーム

最近まではリフォームといえば、補修が必要となったところの修繕という目的で行われることがほとんどでした。しかし、最近では大掛かりなリフォームを行う場合がよくあります。マンションなどでいえば、構造部分だけを残してすべてを造り直すリノベーションという考え方も流行っており、自分好みの住宅につくり変えることがあります。一戸建ての場合でも、二世帯住宅にしたりバリアフリー化したり、大掛かりなリフォームを施す場合があります。維持補修や小規模な改造だけでなく、建物を変えてしまうようなリフォームも考えられるのです。自分たちの目的に合ったリフォームが行えるように、設計段階からある程度の準備をしておけば、よりよいリフォームが可能となります。

準備すること

これからのリフォームでは大掛かりなものも出てきますので、できるだけ、事前に準備をしておくことが大切です。将来、どのような住宅にする可能性があるか、あらかじめ考えておけば、リフォームも容易に進めることができます。住宅を大掛かりに改造したくても、柱や壁、基礎などの問題から改造できない場合というのは多々あります。そのようなことにならないように、設計の段階から準備しておくのです。私の住宅を設計する際にも、将来に向けて様々な工夫をしました。例えば、玄関周りにはスロープにできるゆとりをとったり、トイレやお風呂などは拡張できる余地を設けました。また、将来的に親の介護も見据えて、増築できるスペースも用意するなど、設計時から準備しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加